人生には何度か大きなイベントがありますが、それまでの生活とはガラッと変わってしまう様なイベントの一つが結婚です。 ただこれは一人でできる物ではありません。 その為、まだ結婚をしていない人も、また既に結婚している人も相手には何かしらを求めるし、理想を抱くものです。 まず求められるものの一つと言えば「心の安らぎ」でしょう。 家庭というのは外で疲れた心身を癒す必要がありますが、そこで一緒に過ごす結婚相手がそういうタイプではない場合、なかなか心が休まらない事も有ります。 その為、まずは安らぎを与えてくれるかどうか、これが重要なポイントとなるでしょう。

また精神的な面で言えば、自分の事を認めてもらえるかどうか、これも重要です。
結婚相手に対して求める物は人それぞれ違いますが、自分の母親の様に、また父親の様になって貰いたいと思う事は余りありません。 従って一緒に暮らしても、自分の事を正してくれる人が欲しいというのではなくて、まずは認めてくれる人、理解してくれる人が欲しいと思う物です。 生活をしていく為には、精神的な部分も重要ですがそれだけでは足りません。
やはり現実をしっかりと見る事が重要です。 その為、ある程度は稼いでくる必要があるといえるでしょう。 とはいえ、バブル期のような感じで膨大な年収がなければいけない、いわゆる三高(高学歴・高身長・高収入)というのが求められているわけではなく、今求められているのは3Kです。 これは「価値観(kachikan)が合う」「雇用(koyou)が安定している」「金銭感覚(kinsenkankaku)が一致している」の頭文字を取ったもので、主に女性がそれを求める傾向にあります。 従って、年収がいくらでなければ行けないというよりは、その人が自分の仕事を全うしてくれること、その方が重要視されているとも言えるでしょう。

結婚とは、今まで一緒に暮らして来なかった人とずっと一緒に生活をしていく事です。 長く一緒に居られるようにするためにも、やはり自分の理想に近い人を見つける方が良いでしょう。 ただあまりにも高望みしすぎてしまう事は良い事ではありません。 まずは自分の事を良く見て、そして自分に合っていると思える人を求めるのが重要です。 結婚相手に求める事は沢山ありますが、相手に求めるだけでなく自分がそれに見合う人になるようにするのも良い事と言えます。 そうしてお互いに少しずつ歩みよって行く事、より良い結婚生活を送る事が出来るようになるものです。

しかし、理想の相手を求めると言っても出会いすらほとんどないのに選んでいる余裕なんてないと思われる方も多いのではないでしょうか。 この先に出会いがない可能性を考えてしまい妥協して結婚してしまった結果が最終的に離婚となるのです。 離婚率の多さは全て妥協があったからと言っても間違いではないと思います。 では、なかなか出会いがない方はどうすればよいのでしょうか?
それは簡単なことで、出会いがないのであれば出会いを作れば良いのです。 自分の理想に近づける為には多くの人と関わる必要がありますが、婚活するなら東京がオススメです。 また、同じ気持ちを持った人達と出逢うことができるので、その時点で価値観が近い可能性が非常に高いでしょう。 いま焦っている方も、まだ焦る必要はありません。 一生に関わることなので、じっくり考え理想の相手を見つけましょう。